33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

【自立支援医療制度】うつ病と診断されたらまずやるべき事、その1

「うつ病」と診断され、仕事を退職し、退職後の手続きに関して調べていくうちに、

「うつ病」と診断されてから仕事辞めるまでの手順がもっと効率化というか、医療費がかからないように出来たのではないかと思い、少し後悔しています。

 

そのような制度は勤務先や医師、健保協会、役所がご丁寧に教えてくれる訳では無いので、自分で調べないといけないのですが、「うつ病」と診断された時や仕事を退職する時は、体調も優れないし、薬の副作用もあり、仕事と身体の事で頭がいっぱいいっぱいでそこまで気が回っていませんでした。

(勤務先や医師に関しては、その制度を知っていれば教えてくれる所もあるみたい)

 

それが、自立支援医療制度です。

 

 

 

・自立支援医療制度

ざっくり説明すると、「うつ病等の精神疾患」での医療費負担が1割負担になる事。

所得に応じて、自己負担の上限月額が決まっている事です。

 

この2点は、「うつ病」と診断されて通院や処方箋を貰うにあたってかなり大きく自己負担が軽減されることになります。

 

たぬ吉は今回仕事を退職し、退職後の手続きに関して調べるまで、知らない制度でしたが、一番早くに手続きするべき制度では無いかと思います。

 

国民健康保険と国民年金の手続きに近々役所に行く必要がありますので、遅くなってしまいましたが、その時申請書を貰い、医師に診断書の作成と申請書の記入をお願いしようかなと思っています。

 

次回病院に行く時は、精神障害者保健福祉手帳の申請時期とも被ってきますので、併せて申請してみたいと思います。

 

「うつ病」を発症してからの、退職後は金銭的に不安な事が多いですが、大変助かる制度も沢山あります。

 

もう少し情報が認知され、病院や関係機関からのお知らせが充実すれば良いのにと感じてしまいますが、現状自分から情報を取りに行かないと、(正規の医療費ですが)自己負担額が大きくなってしまうので、体調は悪いですが、情報弱者にならないよう勉強していかなければいけませんね。



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX