33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

GeneLife(ジーンライフ)で肥満遺伝子検査をしてみた

GeneLife(ジーンライフ)で遺伝子検査をしてみました。

 

 

今回はこの2種類をやってみました。

「GeneLife DIET 肥満遺伝子検査(3,980円、5,980円)」

「GeneLife Haplo 祖先遺伝子検査(9,800円)」 

 

 

 

今回はやりませんでしたが、他にはこのような検査もあるようです。

「GeneLife Premium(解析費4,980円、入会費5,000円)」

「GeneLife Genesis2.0(29,800円)」

「GeneLife Myself2.0 自己分析遺伝子検査(29,800円)」

「GeneLife SKIN 肌老化関連遺伝子検査(3,980円、5,980円)」

「GeneLife METABO メタボ遺伝子検査(3,980円、5,980円)」

「GeneLife SKIN MICROBIOME 皮膚常在菌遺伝子定量検査用試料採取キット(9,980円)」

「GeneLife SPORTS スポーツ関連遺伝子検査(3,980円、5,980円)」

※価格は税抜き表記です。

 

 遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0

 

【肥満遺伝子検査キット】

遺伝子検査により3つの遺伝子を調べ、肥満を4タイプに分けておすすめのダイエット、食事(食材)を教えてもらえます。

肥満のタイプによって太る原因が違ってくるみたいです。

 

<調べる遺伝子>

・β3AR遺伝子

・β2AR遺伝子

・UCP1遺伝子

 

この3種類の遺伝子を検査し、変異があるかどうかを調べ4タイプに分けるようです。

 

<肥満4タイプ>

・りんご型(β3AR遺伝子)

 日本人の21.8%がりんご型。

 糖質の代謝が苦手で、内臓脂肪が溜まりやすく、お腹周りから太っていきます。

 例)白米よりも玄米、食パンよりもライ麦パンが良い。

   糖質コントロールでダイエット。

 

・洋なし型(UCP1遺伝子)

 日本人の56.8%が洋なし型。

 脂質の代謝が苦手で、お尻や太ももなど下半身から太りやすいです。

 例)脂質を抑えるために脂身の少ない食材、調理法を心がける。

   脂質を控えてダイエット。

 

・バナナ型(β2AR遺伝子)

 日本人の16.9%がバナナ型。

 筋肉がつきにくく、太りにくいが、隠れ肥満が多い。

 例)うどんを食べるなら、月見うどんでタンパク質の摂取を。

   肉や野菜をしっかり食べる。

 

・アダム・イブ型(遺伝子に変異なし)

 日本人の4.5%がアダム・イブ型。

 最も太りにくいタイプで、太っている場合は生活習慣に問題がある可能性が高い。

 例)バランスの良い食事と適度な運動。

 

 

【祖先遺伝子検査キット】

自分のルーツを知る事が出来ます。

自分はどこから来たのか・・・自分の先祖がどんなルートを旅して日本にやってきたのか知る事が出来ます。

 

元々1人の「ミトコンドリア・イブ」という女性から様々に枝分かれしていき、

現代の世界の人々はおよそ35人の母親の子孫だと言われているようです。

 

日本人の95%はその中の9人の子孫みたい。

自分はその9人のどの子孫のグループか、それとも残り5%のグループかを調べる事が出来ます。

 

<ミトコンドリアハプログループ>

・東アジア最大集団(D) 日本人の約35%

・幻の陸地スンダランドの末裔(M7) 日本人の約15%

・太平洋を渡った日本最初の移住民(B) 日本人の約10~20%

・氷河期を超えた北方民(G) 日本人の約7~10%

・マンモスハンターと呼ばれた狩猟民(A) 日本人の約7%

・東南アジアの冒険者(F) 日本人の約5%

・険しき道を超えた山の民(M9) 日本人の約3%

・北方漢民族の系譜(M8) 日本人の約3%

・アイヌの祖、中国起源渡来人(N9) 日本人の約7%

・日本人少数派(?)

※()内はグループ記号

  

※GeneLifeのホームページより一部転載

 

 ジーンライフ

 

 

【たぬ吉の検査結果】

<肥満遺伝子検査結果>

肥満遺伝子には両親から受け継いだ1セットの遺伝子のうち、

両方の遺伝子に変異が無いタイプ、片方の遺伝子に変異があるタイプ、

両方の遺伝子に変異があるタイプの3種類があるようです。

それを3つのβ3AR遺伝子、β2AR遺伝子、UCP1遺伝子それぞれで調べるので27パターン。

それから男女で違いがある為、全54パターンの組み合わせがあるようです。

 

この組み合わせを4つの肥満タイプに分類します。

 

たぬ吉の肥満タイプは「りんご型」でした。

現在の体型もりんご型にぴったりあてはまります。

ダイエットは糖質制限と有酸素運動と定番のダイエット法が良いようです。

 

その他に検査結果レポートには次の様な事もかかれていました。

・食生活のアドバイス

・糖質の基本事項

・食品や料理に含まれる糖質の目安量

・糖質ダイエットの注意点

・おすすめの運動

 

<祖先遺伝子検査結果>

幻の陸地スンダランドの末裔でした。

わりと日本人には多いタイプのようです。

 

 遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス)

 

【まとめ】

当然ですが肥満遺伝子は肥満の要因の全てでは無いようです。

あくまで傾向であって生活環境、生活習慣で予防出来る事なので、一つの参考として利用しましょう。

でも4つの肥満タイプについては遺伝子検査を受けなくても、

体型によりある程度推測できるかもしれません。

但し現在の自分の体型と肥満遺伝子とが違う場合があるため

体型だけで判断すると、間違った摂生で無理なダイエットになってしまう可能性があります。

なかなか結果が出ないのはその間違いが原因かもしれません。

遺伝子情報を知る事で効率的にダイエット出来るようになりそうです。

 

 

  

 



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX