33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

自立支援医療制度で医療費が3割負担から1割負担に

そういえばこの前「自立支援医療制度の通知書」がやっと届きました。

字面では3割負担が1割負担になるという事は分かっていたのですが、実際に使用してみると病院代が1500円位から500円~600円位になりました。(まぁ当然か)

薬局代も2000円位だったのが600円位になりました。(まぁこちらも当然ですね)

元々の病院代だけで薬代も賄えるので、かなりありがたいです。

 

傷病手当金と貯金があれば失業してもなんとか暮らしていけるだろうと考えていましたが、失業後の「健康保険料」と「住民税」は前年度の年収から算出され結構一気にお金が減りますので、これくらい小さな節約でもかなり助かります。

 

自立支援医療制度の申し込みは各自治体の役所窓口で申請できます。

↓一応前のまとめ記事です↓

【まとめ】うつ病等で退職した時の手続き - 33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

【自立支援医療制度】うつ病と診断されたらまずやるべき事、その1 - 33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

 

もし「うつ病」やその他何かしらの「精神疾患」の人は確実に申請した方がいいです。

 

たぬ吉の場合もし実家に帰るなど住所が変わる場合健康保険証が変更になった場合は更新の手続きや再度申請が必要になります。

また今のところ予定は無いですが、病院や薬局を変更する場合も更新が必要になりますのでご注意を。

 

そういえばまだ精神障害者保健福祉手帳は通知書が届いていませんので、たぬ吉の住んでいる場所ではどんなメリットがあるか詳しくはまだ分かりませんが、届いたらまた記事にしたいと思います。



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX