33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

【スワップポイントサヤ取り】スワップポイント縮小の危機

【5万円から始める資産運用 『スワップポイントサヤ取り』】

運用6週目:8月6日~8月10日週の運用実績を公開します。

運用会社は「マネーパートナーズ」と「外為ジャパン」です。

外為ジャパンHP

f:id:keigm1155:20180722012554p:plain

南アフリカランド/円(スワップポイントサヤ取り)

昔からスワップポイントのサヤ取りには興味がありましたが、手を出していませんでした。

先週から1万通貨だけ南アフリカランド円でポジションを作ってみました。

正直まだ運用3週目なので特に変化は無いのですが、他の資産運用と同様に毎週実績を公開していこうと思います。(運用4週目に追加で1,000通貨購入します。)

南アフリカランド円だと1万通貨だと1万円あればポジションを作れますのでお試しにはちょうど良いです。

1,000通貨分のレバレッジ25倍の証拠金である400円分貯まった段階で1,000通貨追加したいと思います。

現在マネーパートナーズFX-nanoはスワップポイントのキャンペーン中なのでいずれスワップポイントが小さくなってしまうでしょうから、その時は乗り換えを考えていかないといけないですね。

マネーパートナーズFX-nano口座は連続予約注文で使用していますがそれとは別で換算しています。

 

【サヤ取りとは】

簡単にいうと、スワップポイントの高い業者と低い業者の2業社で両建てポジションを持ち、

2業者間のスワップポイントの差額を利益に変えていく手法です。

<注意点>

2業者に同量のポジションが必要になる為、普段の倍の証拠金が必要になります。

またどちらかの業者では確実にマイナスが出るので追加で投入できる資金を用意しておく必要があります。

またスワップポイントは各社、日によって変動がありますのでずっと放置しておくと痛い事になるかもしれません。

スワップポイントの差額は定期的にチェックしておいた方が良いと思います。

それからスプレッドが大きい通貨・業者は新規ポジションを立てる時や決済する時に注意しておかないとスプレッド差でせっかくのサヤ取り分の利益が縮小してしまうので注意が必要です。

それと各通貨によってスワップポイントの大きい業者、小さい業者が違うので沢山の証券会社に口座開設が必要になるかもしれないので管理が若干面倒くさいかもしれません。

 

【たぬ吉のサヤ取りお試し運用設定】 

運用通貨:南アフリカランド円

単位:1.1万通貨

運用会社(買い):マネーパートナーズ FX-nano

 スワップポイント:+18円+1.8円=+19.8円(8/10時点)

 必要証拠金:1万通貨あたり4,000円(1,000通貨あたり約400円)

運用会社(売り):外為ジャパン(外為ジャパンHP) (DMM.com証券HP)

 スワップポイント:-9円ー0.9円=ー9.9円(8/10時点)

 必要証拠金:1万通貨あたり3,146円(1,000通貨あたり約400円)(8/11時点)

 

差額(サヤ取り):+9.9円

 

 ※7/29時点では売り業者は取引量に応じて1000通貨単位なら「外為ジャパン」、10000通貨単位なら「DMM.com証券」どちらでも大丈夫です。

 

【運用実績】

運用開始:6月27日~(8月11日時点)

運用通貨:南アフリカランド/円

運用量:11,000通貨

平均取得価格:8.12545円

「マネーパートナーズ FX-nano」:+1078.5円

「外為ジャパン」:-454円

サヤ取り利益:+624.5円

 

【雑感】

マネーパートナーズのスワップポイントが少しずつ下がってきました。

サヤ取り額も10円/日を下回ってきました。

これはかなり痛いです。

でも、他の証券会社も少しずつスワップポイントが下がってきているのでもう少し「マネーパートナーズ」で様子見をしたいと思います。

売りの証券会社は「外為ジャパン」か「DMM.com証券FX」で変更はしなくても良さそうです。

 

外為ジャパン DMM FX


【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX