33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

【トライオートFX】小口には厳しい?

【30万円から始める資産運用 『トライオートFX』】

運用開始4週目:8月6日~8月10日の運用実績を公開します。

運用会社は「インヴァスト証券(トライオートFX) 」です。

インヴァスト証券(トライオートFX)HP

 

【トライオートFXとは】

元々トラリピと同じ様なシステムとしてトライオートFXがあるのは知っていましたが、今回自動売買セレクトとして「コアレンジャー」と「スワッパー」という2種類の自動売買セレクトがトライオートFXに追加されました。

 

<トライオートFX コアレンジャーイメージ>

f:id:keigm1155:20180720115031g:plain

コアレンジャー取引イメージ

コアレンジャーとは(インヴァスト証券ホームページより転載)

価格の上下を繰り返す通貨ペアの特徴を捉えた売買を目的としているのが「コアレンジャー」です。
・各通貨ペアの過去約4年半(2014年1月2日~2018年4月30日)の高値と安値の差を参考にしてレンジ幅を設定します。
・60%~70%の価格(日足終値)をカバーできる価格帯を「コアレンジ帯」とします。
・「コアレンジ帯」では非常に細かく売買を行いますが、それ以外の「サブレンジ帯」では「コアレンジ帯」よりも大きな利益確定幅を設定し価格の戻りを想定した取引をします。

 

<トライオートFX スワッパーイメージ>

f:id:keigm1155:20180720115351g:plain

スワッパー取引イメージ

スワッパーとは(インヴァスト証券ホームページより転載)

高金利通貨は、長期的に右肩下がりの値動きをする過去の傾向があります。
インフレ率が高い傾向にある高金利通貨は通貨価値の値下がりにより長期的な為替レートも下落しやすい ため、買い下がっていく自動売買設定をしており、短期的な反発を狙う取引を行います。

 

 

【たぬ吉のトライオートFX】

 インヴァスト証券のホームページ上で期間収益率を確認出来ますが、「豪ドル/NZドル」の「コアレンジャー」がずば抜けて収益率が良いです。

なので「豪ドル/NZドル」の「コアレンジャー」で自動売買セレクトをしたいと思います。

 

「トライオートFX コアレンジャー 豪ドル/NZドル」

f:id:keigm1155:20180720115031g:plain

口数:2000口

推奨証拠金合計:260,137円 

 

【週次実績】

7月16日~7月20日:0円

7月23日~7月27日:+892円

7月30日~8月3日:+1,183円

8月6日~8月10日:+2,413円

 

【月次実績】

7月:+1,492円

8月:+2,996円

 

【通算損益】

 +4,488円

 

【雑感】

運用額が低すぎて期待値よりも利益はかなり少なめですね。

トライオートETFに慣れているともっと利益が欲しくなってしまいます。

まぁまだ2000口運用なので仕方ないです。

もう少し様子見してから運用額を増やしていきたいと思います。

マニュアル?カスタム?でトラリピのような設定も出来るようなので、ちょっと余裕が出来ればそちらも試してみたいと思います。

  

トライオート マネーハッチ

 



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX