33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

トルコリラと南アフリカランドの取り扱い

マネーパートナーズFXnano口座で連続予約注文していますが、この口座に以前積み立てていた「トルコリラ/円」と「南アフリカランド/円」が塩漬け状態で残っています。

他にも以前の連続予約注文の残骸で「米ドル/円」、「豪ドル/円」、「カナダドル/円」も若干ポジションが残っている問題をどうするかそろそろ考えなくてはいけません。

f:id:keigm1155:20180819221516j:plain

【残っているポジションと数量】

米ドル/円:600通貨(ショート)

豪ドル/円:5,300通貨(ロング)

カナダドル/円:1,000通貨(ロング)

南アフリカランド/円:10,700通貨(ロング)

トルコリラ/円:2,100通貨(ロング)

 

【評価損益】

米ドル/円:-1,080.03円

豪ドル/円:-21,180.4円

カナダドル/円:-1,752.38円

南アフリカランド/円:-11,289.72円

トルコリラ/円:-20,444円

 

【雑感】

今回は(客観的に見て)記事にしてみてどうするべきか考える為に、記事にして見ました。

今のところ塩漬け状態で損切りしようか迷っています。

スワップが貰える間は塩漬け状態でもいいかなと思ったり、ここらで一旦リセットし純粋な連続予約注文の利益を追い求めるか、微妙なところです。

「豪ドル/円」と「カナダドル/円」の前の設定の残りはひとまずこのまま塩漬けで良いかなと思っていますが、「米ドル/円」のショートポジションはスワップ支払い方向ですし、もう損切りしてしまっていいかなと思っています。

新興国通貨の「南アフリカランド/円」と「トルコリラ/円」はスワップ受け取り方向のポジションですが、値下がりが受け取りスワップより勢いがあるので、このままだらだらポジションを持っていても評価損が大きくなるばかりな感じもします。

損切りするとなれば運用額に対して大きな損を確定させることになってしまうので、勇気が入りますので、悩んでしまいます。

テクニカル分析をして最適なタイミングで損切り出来る様に様子を見たいと思います。



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX