33歳でうつ病を発症し、無職になりました。

33歳でうつ病を発症し、働けなくなりました。現在は傷病手当金と投資で生活しています。うつ病での退職時の手続きや投資や興味ある事に関して書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ          

無職はお金がかかる・・・賃貸住宅の更新

ちょうど今住んでいる物件の更新手続きの時期なのですが、更新料の総額ががなかなかの高額でビビっています。

今まで住んでいた物件ではあまり更新料がかかった事が無かったので、こんなにかかるものなのかと驚愕しています。

 

今まで引っ越し好きで色々な物件に住んできて色々な不動産会社にお世話になってきましたが、現在契約している所は今までで一番えげつないですね。

 

本当は更新のタイミングで引っ越すのがベストなのかもしれませんが、個人的な理由もあり、今年度一杯は現在の場所に居たいと思っています。

なので引っ越すとしたら来年の4月以降となるのですが、その場合約半年のために高額な更新料を払う事になってしまうので悩みものです。

 

実際(更新料20000円+不動産会社の倶楽部会費2年分4800円+保険料20500円+賃貸サポート継続保証委託料20000円)合計65300円もかかりました。

これって家賃換算すると月約2700円UPという事何ですよね・・・。

 

家賃を少しでも安く見せて契約させるんじゃなくて、こういう値段も家賃に含んでおいて欲しいですよね。

 

大学生の時に最初に住んだマンションも更新時の金額がおかしかったですが、きっと今まで住んだ他の物件はその辺りの値段が家賃に含まれていて親切な不動産会社だったという事でしょうね。

 

最後の賃貸サポート継続保証委託料なんて最初保証人不要で申し込めますと言って、更新時に2万円もかかるのかい!っていう感じです。

 

保証人付けるから無しにできないのかと交渉しましたが、この不動産会社ではこれが普通みたいで絶対かかる費用って感じでした。

 

契約時説明はありませんでしたが、確かに契約書に書いてあった気もするのであまりこちらも強気に言えず仕方ないと諦めるしかなったです。

 

それから更新時という事で家賃の値引き交渉もしてみました。

ちょっと特殊ですが新築物件だったのでまだ完成せしていない所を契約した所、部屋の窓の目の前にゴミ捨て場を作るというよく分からない設計になっているのを知らずに契約し入居後知りました。

まだたぬ吉が完成前の物件見学に行った時はそんな状態じゃ無かったのでびっくりしました。

その事を管理している営業に伝えて家賃交渉しても、無能なのか「入居前に確認して頂いている事なので・・・」とか「こちら人気の物件なので・・・」とか定型文的な事しか言ってこず話にならなかったのでもう「分かりました」と電話をそっと切りました。

もっと前から苦情を出していれば結果は変わっていたのかもしれませんが、クレーマーになっても嫌ですしね。

今となっては更新時の更新料の値段や営業の態度から、今後は関わらないでおきたい不動産会社にランクインしました。

 

まぁこんなに文句を書きましたが建物自体はいい物件です。(新築だったので)

ひとまずは更新し来年の4月以降にどうするか考えたいと思います。

たぬ吉のやりたい事リストに引っ越しや移住もあるのでその辺りを今からリサーチして実行に移せたらなと思っています。

 

それにしても無職はお金がかかります・・・今回はたまたま賃貸住宅の更新が重なってきましたが、他にも健康保険料の納付、住民税の納付、国民年金の納付(免除可)など避けられないものもあります。

たぬ吉のようにタイミング悪くパソコンが壊れるという惨事もあると考えるととてもじゃないけど失業手当とか傷病手当金だけでは賄えそうにありません。

貯金がある程度無いとやっていけていないだろうなと思います。

たぬ吉の場合は病気で仕方なくでしたが、退職する時は次を決めてからか貯金をある程度作ってから辞めるようにした方が良いと思います。



【運用会社一覧】

マネースクエア トライオートETF マネーハッチ

トライオート DMM FX 外為ジャパン

インヴァストカード 積立FX 株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX